トップページ
ショックアブソーバ交換 純正リプレイスメントタイプ
   
コニの新製品STR.T ビルシュタインB4  人気あります  ザックスダンパー ザックスリペアキット 

ゴルフ5、トゥーラン1.4Ⅼツインチャージャー  エンジンパワーの低下  スーパーチャージャーマグネットクラッチ交換
 
同時交換部品
マグネットクラッチ
ベルトテンショナー

リブドベルト
右側のホイールハウスからの
交換作業になります。
左側のプーリーからエンジンの動力をもらい、左側のプーリから
スパーチャージャーに伝えます。マグネットクラッチが壊れると、
常にフリーになってしまいスーパーチャージャーが機能しないの
でエンジンパワーが下がってしまいます。
 
左側はウォーターポンプになってます。

ゴルフ5、トゥーラン1.4Ⅼツインチャージャー タイミングチェーン交換
エンジンチェックランプが点灯しす。
加速が悪く、ノッキングも発生します。
チェーンが伸びてバルタイミングがくるいます。
もっとひどくなると、スプロケットとチェーンが正規の位置からずれ
て、バルブがピストンにあたってしまいます。
交換部品 タイミングチェーン、
テンショナー、チェーンガイド
 

ゴルフ5、トゥーラン1.4Ⅼツインチャージャー  エンジンパワーの低下  ディーバータバルブ交換
ソレノイドバルブが故障の場合も
ブーストがかからなくなり、エンジ
ンパワーが低下します。 
ィバータバルブが故障するとブースとがかからなくなり、エンジンパワーが低下します。

ゴルフ4、ニュービートル  ヒューズホルダー 交換    エアコンが効きません。 オーバーヒートします。
ヒューズホルダー内でヒューズの接触不良が起こり、電動ファンと
エアコンコンプレッサが動作ししなくなります。

ヒューズは切れていませんが、ヒューズホルダーが溶けています。
ヒューズホルダーの交換になります。 ヒューズホルダーは、バッテ
ーの上にあります。(右画像)
左画像は、純正のヒューズホルダーassyです。

ゴルフ4 ESP警告灯の点灯
ESP警告灯が点灯しました。横滑り
防止装置の故障です。ヨーレートセ
ンサーという、車体にかかる横Gを感
知するセンサーの故障でした。
左画像と中画像の2種類があります。

ステアリングシャフトの横についてます。
(右画像)

ニュービートル  コックピットフィルター 
ニュービートルのコクピットフィルターは室内にあります
右画像の様に、パネルを3枚外すとコックピットフィルターが
見えてきます。助手席側にあります。(左画像)

エアコンフィルターポーレンフィルターと呼ばれることもあります。

ゴルフ4、ニュービートル   ロアアームブッシュ交換
 ロアアームリヤ側のブッシュ画像です。左画像は2か所で完全に
切れています。ブレーキングやコーナリング時にロアアームの動きが
正常時より大きくなります。右画像はブッシュ交換後です。

タイミングベルト・ウオーターポンプ交換 
画像はゴルフ5 2.0Lのタイミングベルトリペアキットとウオーターポンプ
です。これらの部品は、同時交換をお勧めします。

 ゴルフ5 ・ ニュービートルカブリオレ  6速AT修理  バルブボディー交換
 温間時に変速ショックが発生します。冷間時は普通に変速しますが、温まってくると、ニュートラルから高回転で
クラッチをつなげたような、大きなショックになります。
   
オイルパンを外すとバルブボディが
見えてきます。 
今回の交換部品です。
対策済みバルブボディ-assy 
オイルパンパッキンとストレーナーも交換します。

ゴルフ4 AT修理  バルブボディー交換
 
ギヤ抜けや、変速ショックが大きく
なりました。
ギヤボックス内部の配線も交換
します。
 今回はバルブボディをリビルト品に交換しました。

ニュービートル 燃料ポンプ交換
エンジンが始動しません。
ポンプのコネクターには電流が来ていますが、ポンプは動いていませんので、ポンプの故障と診断しました。
画像のようにassyで部品供給
されます。
リヤシートの下に、燃料ポンプユニットのサービスホールがあります。
ゴルフ5 R32 燃料ポンプ交換
画像のassy交換になります。
R32は、タンク内に別のサブポンプが
ついています。
     

ゴルフ4R32 クラッチ、レリースベアリング交換  
社外品のクラッチキット交換作業。 4WDなので、ギヤボックスにトラン
スファーがついています。
交換部品のクラッチディスクとプレッシャープレートです。
レリーズベアリングは、油圧シリンダーと一体構造です。

ゴルフ4GTI クラッチ交換  
純正のフライホイールはツインマス仕様です。
今回は、軽量加工のシングルマスフライホイールに交換します。
 
ニュースピードクラッチKIT
シングルマスフライホイール仕様
 
レリーズベアリングとスリーブも
同時交換します。
クランクオイルシールも交換をお勧めします。

湿式DSGオイル交換
  油量調整に温度管理が必要になりますので、
半日以上のお預かりになります。
フィルターも同時交換です。

パサート  ヒートエクスチェンジャー交換
ヒートエクスチェンジャーの冷却水
漏れです。
ヒートエクスチャンジャーは室内に
あるので、フロアマットの下にクーラ
ントがたまってしまいます。
また、暖房時はエアコンの風が、漏
れた冷却水で加湿されて、ウインドウ
が曇ります。
 
 
ダッシュボードの後ろにあるヒーター
ユニットを取り外して、ヒートエクス
チャンジャーを交換します。
ダッシュボードの脱着作業が必要になります。 
ポロ ヒートエクスチェンジャー交換
ポロもダッシュボードの脱着作業が必要になります。 

ゴルフ5 トゥーラン オイル漏れ修理  オイルフィルターブラケット交換
オイルフィルターブラケットの劣化による変形が原因でエンジンブロックとの合わせ目からエンジンオイルが漏れます。
エンジン前側のオイルフィルターのあたりからオイルパンをつたってきます。
ゴルフ5 2.0Lエンジンでよくある故障
です。
 トゥーランの一部グレードでも、この
部品が使われています。
オイルフィルターブラケットassy交換になります。冷却水が同じように漏れ
た場合もこの部品を交換することになります。

インテークマニホールドを外します。 インマニを外すとオイルイルター
ブラケットが見えてきます。

手前のシルバーの部品は
オイルクーラーです。
オイルクーラーブラケットとオイルフィルターを外した状態です。
配線、配管が集中してますので、作業性が良くありません。
エンジンオイルとクーラントも交換します。

ザ・ビートル  イグニッションコイル交換
イグニッションコイルの故障により
2番3番シリンダーのスパークプラ
グ失火。 

ザ・ビートル  プラグコード交換 
プラグコードの導通不良によるスパークプラグ失火。永井電子ウルトラに交換。
EXマニが近いのでTwistTube(ツイ
ストチューブ)を巻きました。
耐熱・耐摩擦性能UP

ゴルフ4 ゴルフ5  イグニッションコイル交換 
ダイレクトイグニッションtype
1気筒につき1個使われていますの
で、4気筒車は4個必要です。
ゴルフ4、ニュービートル等に
使われています。

ゴルフ4、ゴルフ7、ルポなど幅広い
車種に使われています。 

ゴルフ4 オーバーヒート修理    
サーモスタット
ウオーターポンプ交換

ウオーターポンプのインペラが破損して、冷却水が循環しなくなります。
 
タイミングベルト交換時に、同時交換推奨です。